町田駅前矯正歯科
MENU
初診カウンセリングはこちら
042-732-5775

『矯正歯科治療と審美歯科治療(セラミック矯正治療)を歯科衛生士から見たそれぞれのメリットとデメリットとは?』|【町田駅】目の前の矯正歯科・歯医者|土日診療-町田駅前矯正歯科

『矯正歯科治療と審美歯科治療(セラミック矯正治療)を歯科衛生士から見たそれぞれのメリットとデメリットとは?』

Blog

『矯正歯科治療と審美歯科治療(セラミック矯正治療)を歯科衛生士から見たそれぞれのメリットとデメリットとは?』

矯正歯科治療と審美歯科治療を歯科衛生士から見たそれぞれのメリットとデメリットとは?

 

 ご自身の歯並びが気になり、矯正治療をされたいと考えられた時に初診のご相談カウンセリングに行かれる医院や矯正の治療内容など悩まれるかと思います。

今回は矯正歯科治療と審美歯科治療(セラミック矯正治療)のメリットとデメリットについて個人的な意見になりますが、歯科衛生士の立場からお伝えしていきます。

 

 

メリットとデメリットといってもそれぞれに細かく比較することがありますので、歯並びを整える上での比較という観点から何点か挙げていきたいと思います。

 

 


☑矯正治療のメリット

 

『ご自身の歯で歯並びを整えることができる』

 

矯正治療と審美歯科治療で似ている様で大きく異なる部分は、ご自身の歯で歯並びを整えるかご自身の歯を削り、必要であれば歯の神経を抜き、土台の角度で歯並びを調整して被せ物で整えるかというところです。

 

歯を削りたくない、ご自身の歯で歯並びを整えたいというご希望の方には、矯正治療が適しています。

 

8020運動という80歳になっても自分の歯を20本以上保とうという運動では”20本以上の歯があれば食生活にほぼ満足することができる”と謳われています。ご自身の歯でしっかり噛むことで生まれるメリットは沢山あります。

 

 

更に叢生などで歯磨きが難しかった部分も矯正治療で改善されると、歯磨きがしやすくなり、むし歯や歯周病のリスクも減らせるため口腔内環境が良くなり、高齢になってもご自身の歯を残せる可能性も増えることとなります。

 


 

☑矯正治療のデメリット

 

『治療期間が長期間になる』

 

 審美歯科治療と比較した際での矯正治療のデメリットは治療の期間を長期間要することだと思います。お急ぎで治療を受けられたい方は、矯正治療は適していません。

 

ご自身の歯を移動させるため1ヶ月に動かせるミリ数は大体決まっていて、(約1.0mm)大きく動かすことは歯の負担になります。

 

治療期間が約2~3年要するので、その間に生活環境が変わってしまう恐れもあります。ある程度の計画性が必要になります。

 


 

『歯の清掃性が悪くなる可能性があり、むし歯のリスクがある』

 

 

矯正装置を着けることにより、歯磨きがとても難しくなります。

歯ブラシのみでは完全に歯垢を除去することは難しく、様々な補助道具を使用していただきながらのホームケアになるため、時間がかかって億劫になってしまったりテクニックが足りなければむし歯になってしまう可能性が高くなってしまいます。

 昨今では、マウスピース矯正(インビザライン)が進化をしてきており、ケースバイケースですが、マウスピースで矯正治療ができるようになってきております。マウスピース矯正だと歯の清掃性は、ワイヤー矯正に比べての格段に良くなります。

 

 

メリットでもある、ご自身の歯で歯並びを整えるという点に置いて、むし歯になってしまうことで審美性が損なわれてしまうリスクがあります。

 


 

☑審美歯科治療(セラミック矯正治療)のメリット

 

『治療期間が短い』

 

矯正治療に比べ、治療本数によって異なりますが、期間は1~3ヶ月程で終了します。

お急ぎで気になる部位を治療されるのであれば、セラミック矯正治療を選ばれる方が時間がかからず目的に添えるかと思います。

 

 


 

『歯の形や色を変えられる』

 

ご自身の歯の形や色自体を変えたいなどの希望であれば審美歯科治療のセラミック矯正治療ではないと難しいです。

一例を挙げるとすれば、テトラサイクリン歯などでホワイトニングをしても変化があまり無く、気になる。歯並びを整えたいという治療をご希望であればご自身の歯の並びを整える矯正治療ではなく、セラミック矯正でどちらも改善ができます。

 

 


 

☑審美歯科治療(セラミック矯正治療)のデメリット

 

『神経を抜く、歯を削る』

 

セラミック矯正治療で歯並びを整える治療は、ご自身の歯を削り、被せ物で歯並びを整えます。歯を削るだけで難しい場合は、土台の角度で調整するため歯の神経を抜く必要があります。

ご自身の歯を削ることに抵抗がある方は審美歯科治療は難しくなります。

歯の神経を除去してしまうと、歯の寿命は短くなってしまうので、それも了承しての治療開始になりま

す。賛否両論はありますが、芸能人などでブラケットなどの矯正装置を着けられない方は、神経を抜いてでもセラミック矯正を

やられる方がおります。

 


 

『全ての歯を治療すると矯正治療よりも倍以上の費用がかかる』

 

 歯科医院にもよりますが、セラミック矯正治療は1本ずつ料金がかかることが多く、3~10万円以上と高額になります。少数の気になる歯だけの治療という場合であれば矯正治療よりも金額を抑えることができますが、全ての歯を治療されたいという希望であれば、かなり高額になります。上下の永久歯が28本ありますので、半分セラミックにした場合には、1本10万だとすると、140万円で矯正治療よりも高くなってしまいます。

 

 

上記の内容は、一部のメリットとデメリットを比較した場合であり、突き詰めていくともっと比較することができると思います。

ただ、私個人の意見で言わせていただく上で重要となってくるのは、治療を受けられる方が何を優先されるか、またはどこを気にされて治療をされたいかなどでどちらの治療を受けられるかが変わるということです。

 

ご自身の歯で歯並びを整えられたい方であれば、時間をかけながらの矯正治療になりますし、歯の形や色を変えたい、結婚式などの大事な予定があって限られた時間で治療されたい方であれば審美歯科治療(セラミック矯正治療)がおすすめになります。

 

どちらの治療を受けられても歯並びの変化で治療後のお顔の印象が大きく変化します。

 

 

治療を受けられた患者様で歯並びのコンプレックスで写真を撮る際に歯をみせて笑えなかったが自信を持って笑顔を作れるようになったと仰ってくださった時はとても嬉しく思いました。

 

ただ、どちらの治療が適しているのかご自身での判断が難しいことが多くあります。

実際に歯科医院に来院していただいて歯科医師の初診カウンセリングを受けていただくことで最適な治療に近づきます。

【まとめ】

☑矯正治療のメリット

 『ご自身の歯で歯並びを整えることができる』

☑矯正治療のデメリット

 『治療期間が長期間になる』

 『歯の清掃性が悪くなる可能性があり、むし歯のリスクがある』

☑審美歯科治療のメリット

 『治療期間が短い』

 『歯の形や色を変えられる』

☑審美歯科治療のデメリット

 『神経を抜く、歯を削る』

 『全ての歯を治療すると矯正治療よりも倍以上の費用がかかる』

 

矯正歯科治療と審美歯科治療(セラミック矯正治療)のそれぞれを比較しメリットとデメリットを天秤にかけ、自分にとって優先順位の高い方を選択するのが望ましいと思います。

 

町田駅前矯正歯科

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ