町田駅前矯正歯科
MENU
初診カウンセリングはこちら
042-732-5775

症例①|【町田駅】目の前の矯正歯科・歯医者|土日診療-町田駅前矯正歯科

症例①

Case

「前歯のすきっ歯」インビザラインで治療した症例

 

基本情報

年齢と性別 20代女性(接客業)
ご相談内容 前歯のすきっ歯(正中離開)が大きいため、矯正をしたいとのことでご相談を受けました。接客業をしていたので、ワイヤー矯正ではない目立たないインビザラインで治せるクリニックを探していた。
カウンセリング・診断結果 前歯のすきっ歯が主訴で、口腔内をみると左右の上顎中切歯に大きな隙間があいている典型的な『正中離開』でした。左右の奥歯の前後的な関係は正常でしたので、奥歯の位置は変えずにスペースを閉じるようにしました。
また奥歯は上下の細かい咬み合わせののズレや深い咬み合わせの修正も必要と考えられました。
行ったご提案・治療内容 目立ちにくい矯正装置をご希望でしたので、インビザラインのコンプリヘンシブパッケージにて治療を行いました。
奥歯の段差や歯列の不揃い、咬み合わせの深さも治す必要がありましたので前歯部だけではなく、全体矯正が必要でしたのでインビザラインのコンプリヘンシブパッケージを選択しました。
治療期間
  • 歯を動かす動的治療:10月
  • (約6回の来院数:アポイント間隔1~3か月)
  • 後戻りを観察する保定治療:10か月
  • (約3回の来院数:アポイント間隔3~6か月)
おおよその費用 約 ¥880,000(調整料別:¥5,500/回)
術後の経過・現在の様子 上顎中切歯の正中離開でしたのでマウスピース使用の協力性も非常によく、追加アライナーは1回のみの作製で治療が完了しました。
治療のリスクについて
  1. 歯根吸収の可能性
    矯正治療前後で歯根が短くなる可能性があります。
  2. 歯槽骨吸収・歯肉退縮の可能性
    矯正治療前後で歯を支える骨の吸収する可能性があります。それと共に歯肉が下がってしまったり、ブラックトライアングルの可能性があります。
  3. 顎関節症のの可能性
    矯正治療中に顎関節症になる可能性があります。
  4. マウスピースが使えない場合にはワイヤー矯正に変更する可能性
    マウスピースは毎日20時間以上の使用が必要です。使用できない場合には、ワイヤー矯正に変更致します。
  5. インビザラインの苦手な動きが生じた場合には、補助装置(透明なボタン)や部分的なワイヤー矯正を行う可能性があります。

治療前・治療後

症例① 治療前

症例① 治療後

コメント

前歯の隙間(正中離開)もしっかり埋まり、奥歯の咬み合わせも緊密にすることができました。またご本人も他の人にほぼ知られずに目立たない矯正治療を終了できましたのでとても満足されておりました。現在後戻りがないかを定期的にチェックさせていただいております。

治療前

症例① 治療前

コメント

上顎前歯部(上顎左右中切歯)にスペースがありましたが。正中離開の原因になる過剰歯や上唇小帯、舌癖(舌の癖)などは異常がありませんでした。上下の歯列に垂直的や前後的なズレがありませんでしたが、奥歯の段差や歯列の不揃い、咬み合わせの深さも治す必要がありましたので、インビザラインのコンプリヘンシブパッケージにて治療を開始しました。

治療中

症例① 治療中

コメント

お茶を飲まれることが多いのでアタッチメント周囲が着色しやすい状況になっておりました。マウスピース装着時には着色は目立ちませんでしたので、治療終了時に衛生士さんのクリーニングにて着色も落としていくように致しました。

治療後

症例① 治療後

コメント

前歯のスペースもなく緊密な咬み合わせを作ることができました。上下の前歯の当たりが、少し強かったので、最後咬み合わせの調整を若干行い後戻りをなるべく起きづらいように調整しました。治療期間を短く、患者さんのライフスタイルに負担にならないように矯正治療を終えることができました。患者様にもご満足していただきました。

治療を終えて

最初の治療計画ですが、ほぼシュミレーション通りに治療を終えることができました。無理な動きも加えていないので、歯肉退縮や歯根吸収も起きずに治療することができました。