町田駅前矯正歯科
MENU
初診カウンセリングはこちら
042-732-5775

インビザライン|【町田駅】目の前の矯正歯科・歯医者|土日診療-町田駅前矯正歯科

インビザライン

Medical

インビザライン

インビザラインとは?

インビザラインとは

インビザラインとは、マウスピースを7日から14日で交換して新しいマウスピースへ変えることにより、全体の歯を0.2mm/枚ずつ動かしていくマウスピース矯正装置です。マウスピース矯正装置にはいろいろありますが、インビザラインは全体矯正が出来る唯一のマウスピース矯正装置です。
インビザラインはアメリカ発でアライン社が行なっている矯正サービスです。全世界の100カ国以上で使用されており、総患者数は900万人を突破しています。マウスピース矯正では、シェアトップの矯正装置です。

【インビザラインのメリットとデメリット】

メリット
  • 目立ちにくい
    目立ちにくい
    目立ちにくい
    インビザラインはマウスピース矯正の分類になり、喋っているときや笑った時には目立ちにくくなっております。ワイヤー矯正と比べると明らかに目立ちにくい矯正装置です。
  • 痛みが少ない
    痛みが少ない
    痛みが少ない
    インビザラインはワイヤー矯正と違ってAIが設定した移動量以上は動きません。毎回のマウスピース矯正で約0.25mmのみの一定な移動とすることによって痛みが少ない仕組みになっています。
  • 矯正中でも歯磨きが容易である
    矯正中でも歯磨きが容易である
    矯正中でも歯磨きが容易である
    インビザラインは、表側矯正や裏側矯正と違って矯正治療中でも矯正前とほぼ同じように歯ブラシで磨くことができます。そのため矯正中の虫歯のリスクを最小限に抑えることができます。歯ブラシに手間がかかるワイヤー矯正との大きな違いの一つです。
  • 金属アレルギーの方でも治療が可能
    金属アレルギーの方でも治療が可能
    金属アレルギーの方でも治療が可能
    コバルト、ニッケル、クロムなどの金属製アレルギーをお持ちでワイヤー矯正ができない方でも、インビザラインで治療できる場合があります。
  • 違和感が少ない
    違和感が少ない
    違和感が少ない
    インビザラインは、基本的にマウスピースと歯に接着する小さな粒々のアタッチメントのみですので、しゃべりにくいなどのトラブルが表側矯正や裏側矯正に比べて非常に少ないです。
デメリット
  • 毎日20時間以上使用しないと治らない
    毎日20時間以上使用しないと治らない
    毎日20時間以上使用しないと治らない
    インビザラインは、一日20時間以上使用しないとうまく歯が動きません。20時間以上使用できない場合、治療が進まない原因となります。外せる点は便利ですが、デメリットとなる可能性もあります。
  • 難しいケースには対応していない
    難しいケースには対応していない
    難しいケースには対応していない
    インビザラインは、骨格的な要素が強い難症例には向いておりませんので注意が必要です。つまり、インビザラインはこういうケースだけしかできないという適応症があるのです。これを間違えてしまうとインビザラインでも正しく治すことができません。
    当院では矯正専門のレントゲンとCTを用いて丁寧に診断させていただいております。インビザラインが無理なケースを適切に診断し、表側矯正や裏側矯正の選択肢を提示させていただいております。

【インビザラインの治療の流れ】

初診カウンセリング

初診カウンセリング

矯正のやり方を定めるため、お口の中のお写真と簡単なレントゲンで見ていきます。その情報からインビザラインで治療ができるか、またはワイヤー矯正でないと治せないかを仮診断していきます。
インビザラインは、アメリカ発のとてもシステマティックで画期的な装置ですが、すべての患者さんに適応できるわけではありません。インビザラインでできるケースかどうかの診断は、インビザラインの失敗や後悔を回避するために必須のことです。
間違いない診断をしてもらうのであれば、矯正認定医(日本矯正歯科学会)のドクターに診てもらうのが1番確実です。

精密検査

実際に矯正歯科のクリニックを決めて最終的な治療方針を決定するために、精密検査を受けていきます。精密検査では、確定診断と治療方針の決定のために以下の検査をしていきます。

☑矯正歯科専用のレントゲン
矯正歯科専用のレントゲン

上下の骨格のずれ、奥歯の位置、上下前歯の歯軸、鼻、上下の口唇、オトガイ(顎の先)の位置を確認し、お顔のバランスを診ていきます。

☑CT(三次元のレントゲン)
CT(三次元のレントゲン)

歯根の長さ、歯槽骨(歯を支える骨)量、顎の関節の形態などを確認し、矯正治療に耐えうる状態かを診ていきます。

☑お口とお顔のお写真

現状の写真を撮り、治療計画を立てるための情報を取ります。また、治療が進んだ際に比較できるよう記録しておきます。

☑デジタルスキャンによる上下の型取り、咬みあわせを取る

デジタルスキャンによる上下の型取り、咬みあわせを取る

診断結果報告と治療方針の詳しいお話

当院では最新のデジタルスキャナーを使用しております。デジタルスキャニングでの型取りが難しい箇所がある場合には、通常の型取りも行う場合もあります。写真よりも更に詳しく歯と歯肉、咬み合わせなどのお口の中の状態を確認できます。

診断結果報告と治療方針の詳しいお話

ここで最終的な今のお顔とお口の状況が確認でき、今後どのような治療をしていくかをお話ししていきます。

  • 今の歯並びになっている原因は?
  • どのような装置で治すの?
  • 治療期間はどれくらい?
  • 治療費はどれくらい?
  • お支払い方法は?

などの疑問を解決していきます。実際にインビザラインでの治療が可能となった場合は、この段階でインビザラインのマウスピースをアメリカで作ってもらうように依頼します。

インビザライン装置(治療スタート)

インビザライン装置(治療スタート)

アライン社から、マウスピースが届き矯正をスタートしていきます。マウスピースを装着する前に、歯を動かしやすくするアタッチメント(歯の表側につける小さな白い粒々)の装着と歯を動かすスペース作るやすりがけの処置が必要になります。最初の治療はこれらの処置が必要になりますので、長めの時間がかかることが多いです。

これらの処置の後に、マウスピースを使っていただきます。最初の2週間は毎日20時間以上使っていただきます。食事の時と歯ブラシの時以外、ほぼ終日つけている状態になると思われます。

定期的なマウスピースチェック

定期的なマウスピースチェック

治療ステップにもよりますが、1ヶ月〜3ヶ月くらいの間隔で歯がしっかりマウスピース通りに動いているかを確認しながらマウスピース適合を見ていきます。
マウスピースと歯の適合状態が良ければ、新しいマウスピースに交換するペースを早め、次回の治療を1ヶ月から2ヶ月間隔にすることができます。逆に、適合状態が悪い場合には来院間隔を狭くしたり、ワイヤーなどの補助装置でマウスピースに合うように調整していきます。

保定(後戻りを診ていく治療)

保定(後戻りを診ていく治療)

動かした歯は、必ず後戻りを起こしていきますので、そうならないために、リテーナー(マウスピース型やプレート型)を終日使用して、後戻りを落ち着かせていきます。歯を支える骨がしっかり固まり落ち着いてきたら、夜だけ使用していきます。

インビザライン質問箱

インビザライン質問箱

当院では矯正認定医(日本矯正歯科学会)が、インビザラインができるかどうかを診断し安全に治療していきます。インビザラインでは、どうしても苦手な動きが出てしまう場合があります。その際にはワイヤー矯正も部分的に用いながら、治療を進めていきます。

インビザライン質問箱
インビザライン質問箱

インビザラインは、AIにより0.25mmしか動かないよう一定に設定されているので、ゴムの弾力で引くワイヤー矯正よりも痛みが少ないのが特徴です。患者さんの感想でも痛みが少ないとお声をいただいております。

インビザライン質問箱

インビザラインの料金

インビザライン ¥880,000 
調整料/回 ¥3,300〜5,500