町田駅前矯正歯科
オンライン診療
MENU

マウスピース矯正|【町田駅】目の前の矯正歯科・歯医者|土日診療-町田駅前矯正歯科

マウスピース矯正

Medical

マウスピース矯正治療とは?

マウスピース矯正治療とは、透明なシート状でできた1人1人の歯並びにあったマウスピースを使用して歯を並べていきます。1~2週間毎に新しいマウスピースに変えていき少しづつ歯並びを改善していきます。1日の使用時間は20~22時間は必須です。マウスピースのみでうまくコントロールできない歯に関しては、アタッチメントと呼ばれるプラスティックの突起を歯に接着して歯を効率的に動かしていきます。マウスピース矯正のメリットとしては透明なシート状なので、目立ちにくく、本当に近くから見ないとわかりませんということです。歯ブラシに関しても今まで通りの歯ブラシの仕方とほとんど変わらず行うことができ、違和感が少ないです。またワイヤー矯正のデメリットであるブラケットやワイヤーによる口内炎も少ない傾向にあります。
またメリットには痛みに関してもワイヤー矯正よりもマウスピース矯正の方が痛みが少ない傾向があります。コンピューター上で歯に負担の少ない移動量が精密に設定されているので、痛みを少ない範囲で歯を効率的に動かすことができます。逆に大きなデメリットとしてはマウスピースを決まった時間(1日20~22時間)使用できないと治らないということです。いくらマウスピースをどんどん新しいもに変えていっても使用時間が少なければ、マウスピースと歯の間にスペースができ、思ったような歯の動きはできなくなり治療はうまくいきません。逆に自己管理をしっかりできる方であればうまくインビザラインで治療できるでしょう。

マウスピース矯正治療には2パターンあります。

以下のような歯並びや横顔の方はもしかしたら、大人の矯正治療が必要かもしれません。

クリアライナー治療(部分的な軽度のガタガタやすきっぱの歯並びの方におすすめ)

クリアライナー治療(部分的な軽度のガタガタやすきっぱの歯並びの方におすすめ)

軽度のガタガタの歯並びの改善に適しています。大きく歯を動かす治療や上下全体の治療には適していません。毎回その都度型取りをしてその次のアポイント時にマウスピースを作製していきます。特に1度矯正治療を行った方が少しの後戻りを起こした方に適しています。ワンポイントでの治療に適しているので、その都度の費用になるので、インビザラインに比べて費用を抑えることができます。治したいところだけを治したい分だけ治すというイメージです。部分的な矯正に向いております。

インビザライン治療(全体的な矯正治療におすすめ)

インビザライン治療(全体的な矯正治療におすすめ)

上下にマウスピースを入れて決められた時間(1日20~22時間)で使用し、決められた日数(1~2週間)で新しいマウスピースに交換することによって全体的な矯正治療を可能にするシステムです。
以前はマウスピースの全体的な矯正治療は不可能でしたが、科学技術の進歩により可能になってきています。今でも常に新しい機能も追加され、治療の幅が広がってきています。
昔はお口の型取りをしていましたが、今ではお口の中をスキャナーも使用してデータとして記録できるようになってきています。そのデータを利用してコンピューター上で歯並びを改善し、少しずつ歯が動くように設定されたマウスピースを1回で数十枚ずつ作製して海外の工場から送られてきます。1クールを使用して、再度お口の中をスキャンしてマウスピースを作り直して歯を動かしていきます。1回のクールで終わることは少なく、何回かのクールを繰り返してきれいな歯並びに持っていきます。

インビザライン治療(全体的な矯正治療におすすめ)

また、インビザラインは得意なケースというものがあります。例えばすきっ歯(空隙歯列弓)の治療や上下のあごの前後的、側方のズレがないガタガタ(叢生)の治療です。そのようなケースではとても有効でマウスピース単独で治ってしまうこともあります。また逆にインビザラインには弱点も存在します。抜歯をするケースや上下の咬み合わせを大きくダイナミックに動かすケースには不向きです。なんでもインビザラインで治療すると失敗の原因になります。
一時期、インビザラインが流行りだした際には、何でもかんでもインビザラインで治した時代がありました。しかし、マウスピース矯正の治療の治りが悪いことが問題となり、消費者庁からお達しがでることもありました。そのため、いまでは日本矯正歯科学会の方でガイドラインが出てきており、治療の基準になっております。
またインビザラインで適した症例を行った場合にも計画通りに歯が動いてこないことも起きてきます。つまり不得意な歯の動き方があるのです。上あごの前から2番目の歯や歯のねじりなどがそれに当たります。その場合には、部分的や全体的に表側や裏側からワイヤー矯正を行う必要があります。

インビザライン治療(全体的な矯正治療におすすめ)

そのためインビザラインは単独ですべて歯並びを治すものではなく、必要に応じてワイヤーも併用して治していくシステムということです。昔インビザラインが流行ってから他のクリニックでインビザラインのみで治そうとして失敗して結局自分のところに助けを求めてきてワイヤーで矯正治療を行った経験があります。結局は、インビザライン治療でしっかり治すということはしっかりとリカバリーができるかが重要だということです。

当院で行う治療の特徴

当院では精密検査の際に、従来の2次元のレントゲン写真(セファロ写真)に加えて3次元の低被爆CTレントゲン写真を導入しており、他の病院に依頼せずとも本クリニックで低被爆CTレントゲン撮影が行えます。いままでの2次元の分析法に加え3次元の要素も加えて様々な方向から患者さんの現状の歯並び、骨格、歯を支える骨、歯根の状態を確認し、外からは目視できない部分もしっかり把握して確実な診断が行えます。それにより患者さんにあった最終的なゴールを設定し、最短でそのゴールに到達できるように最適な装置を選択し、効率よく安心な治療を行っていきます。

院内イメージ

また最新の口腔内スキャナーを設置しています。従来マウスピース矯正の治療には、お口の中に粘土のような材料を入れて上下で10分ほどの時間を要して型取りをする必要がありました。これは患者さんにとって苦痛なものでしたが、この口腔内スキャナーを入れることによって数分のスキャンで済むようになりました。とくに不快な感覚もありませんので、嘔吐反射がきつい患者さんでも問題なく何度でもその都度データを取ることが可能になりました。またこのスキャナーは、患者さんのお口の歯のデータをその都度記録しておくことができます。その都度どのように歯が動き、経時的な歯肉の状態も把握でき、患者さんにもとても分かりやすく患者お見せできるようになっております。その他には、歯と歯の間の虫歯もレントゲンを用いずに把握する装置を導入しておりますので、虫歯の判断には極力レントゲンの撮影回数を減らしてできるようになっております。

このような方に向いております

チェックリスト

  • 表側にワイヤーをつけたくない方(インビザライン治療に適応する方に限ります)
  • 毎日の生活の中で規則正しくマウスピースの管理し使用ができること
  • 裏側矯正の違和感が強かったり、滑舌に問題があるのが嫌(インビザライン治療に適応する方に限ります)
  • 金属アレルギーの症状が強くでる。
  • 抜歯以外の矯正
  • 手術を伴う矯正治療やダイナミックな矯正治療以外の矯正
  • ダイナミックな移動を必要としないすきっ歯の矯正治療空隙歯列弓
  • ダイナミックな移動を必要としないガタガタ叢生

マウスピース矯正におけるI teroについて

マウスピース矯正におけるI teroについて

本クリニックではI tero element 5Dを導入しております。このスキャナーは今までインビザラインで必要だった型取りをなくし、カメラのみでのお口の中の情報をデータとして取り込むことができるようになりました。またそのデータを海外の工場へ送り、従来より早くマウスピースの作製に移ることができるようになりました。従来の方法だと郵送でその型取りを直接送るのでそれなりに時間がかかっていました。また治療中にスキャナーでその都度お口の中のデータを取ってI teroの中に蓄積し、テレビほどの画面で治療の経緯をわかりやすく確認できます。ドクターサイドも患者さんサイドもいまの患者さんの状況を時間を追ってわかりやすく確認できるのは治療を進めていくうえでとても有意義なものになります。型取りによって嘔吐反射が起きてしまう患者さんや通常の型取りができない幼児にとってはこのスキャナーは救世主でしょう。
またこのI tero 5Dには赤外線で歯と歯の間の通常見逃しがちな虫歯をレントゲンを撮ることなしに確認できるようになりました。そのためレントゲンの撮影する頻度を少なくすることができます。