町田駅前矯正歯科
MENU
初診カウンセリングはこちら
042-732-5775

表側矯正(セラミックブラケット)で上下の前歯のガタガタと出っ歯、ディープバイトを矯正歯科治療した症例(町田駅前矯正歯科)

表側矯正(セラミックブラケット)で上下の前歯のガタガタと出っ歯、ディープバイトを矯正歯科治療した症例

Case

表側矯正(セラミックブラケット)で上下の前歯のガタガタと出っ歯、ディープバイトを矯正歯科治療した症例

 

基本情報

年齢と性別 20代女性
ご相談内容 昔から上下の前歯のガタガタと噛み合わせの深さが気になり、噛み合わせも良くないので矯正治療を行いたいと初診カウンセリングに来院されました。
カウンセリング・診断結果

2種類のセファロのレントゲン写真から分析を行いましたが、骨格的には異常がなく、上下前歯の角度が外側へ傾斜していることと、過蓋咬合(ディープバイト)が見られました。

上下前歯のスペース不足による叢生を伴う過蓋咬合(ディープバイト)と診断致しました。

上下の前歯のスペース不足の改善には、上下左右第一小臼歯の4本の抜歯が必要と説明しました。

行ったご提案・治療内容

上下のガタガタと開咬を治すには、永久歯のスペース量がかなり必要でしたので、上下左右第一小臼歯を抜歯していく方針で説明させていただき、同意を頂き治療をスタート致しました。

上下の歯列の奥歯のズレも大きいために抜歯スペースのやりとりがシビアであったため、歯科矯正用アンカースクリューの使用の提案もさせていただきました。

治療後半では、緊密な咬合獲得のために、顎間ゴムの使用も説明させていただきました。

術後の経過・現在の様子

主訴であったガタガタも抜歯をしたおかげでとてもきれいに改善され、患者様も満足されております。

とても協力的な患者様でしたので、治療後半で使用した顎間ゴムもしっかり使っていただき、緊密な咬合も獲得することができました。

治療中のプラークコントロールもしっかりされており、虫歯のリスクを低く保ちながら治療完了を迎えることができました。リテーナーに関してもしっかり使用してもらっており、今のところ、後戻りの傾向もみられません。

治療期間
  • 歯を動かす動的治療:36か月
    (アポイント間隔1~1.5か月)
  • 後戻りを観察する保定治療:24か月
    (アポイント間隔3~6か月)
治療回数 44回(リテーナー治療も含める)
総額治療費の目安 924,000円(税込)
(調整料 5,500円)
※歯科矯正用アンカースクリューを2本使用しております。
66,000円(計2本)は総額治療費に含まれております。
治療のリスクについて
  1. 歯根吸収の可能性
    矯正治療前後で歯根が短くなる可能性があります。
  2. 歯槽骨吸収・歯肉退縮の可能性
    矯正治療前後で歯を支える骨が吸収される可能性があります。それと共に歯肉が下がってしまったり、ブラックトライアングルの可能性があります。
  3. 顎関節症の可能性
    矯正治療中に顎関節症になる可能性があります。
  4. プラークコントロール不良による虫歯や歯周病の可能性
    矯正治療中の徹底したブラッシングと定期健診をお願いしております。
クリニックより

上下前歯のガタガタ(叢生)と正中のズレはよく初診カウンセリングでご相談される歯並びです。

上下の叢生が強い場合には、永久歯を並べるスペースを作るために抜歯をする可能性が高いです。また、上下の正中のズレは、上下の骨格のズレが原因なのか、歯だけのズレの問題なのかを精査して治療を進めることが大事です。
骨格的なズレが原因の場合には、顎変形症という手術併用の矯正治療になる可能性が高いです。そのため、このようなケースの場合には、骨格のズレを判断するために正面セファロも用いて慎重な矯正診断をすることがとても重要です。

今回のケースは、骨格的なズレはなく、歯だけのズレでしたので、歯科矯正用アンカースクリューを併用し、抜歯したスペースの量の管理に注意しながら治療を進めていきました。

治療前・治療後

症例4 治療前

症例4 治療後

コメント

表側矯正で上下のガタガタと上下の正中のズレを改善でき、緊密な咬合を得ることができました。患者様には最終的な仕上がりに満足していただけました。
表側矯正は特にそうなのですが、ブラケットを外した時に出る本来の笑顔が皆さま素敵で、この患者様は特にその素敵な笑顔の印象が残っています。

治療前

症例4 治療前

コメント

上下の奥歯のズレが強く、犬歯もだいぶ前方に移動してきていたので、抜歯したスペースを有効活用できるように歯科矯正用アンカースクリューを上顎の裏側に用いて、治療を行いました。
当院では、歯科矯正用アンカースクリュー埋入時には、表面麻酔に最細の針の麻酔を用いて、痛みをなるべく感じないような処置をさせていただいておりますので、患者様も安心して処置を受けることができます。

治療後

症例4 治療後

コメント

叢生や正中の不一致や上下の奥歯のズレが治り、緊密な歯並びにすることができました。後戻りを起こさない様に上下顎にリテーナーを終日使用していただいております。1年経過した時点で、リテーナーの使用は夜だけにしていく予定です。