町田駅前矯正歯科
MENU
初診カウンセリングはこちら
042-732-5775

部分矯正治療|【町田駅】目の前の矯正歯科・歯医者|土日診療-町田駅前矯正歯科

部分矯正治療

Medical

部分矯正治療とは?

部分矯正治療とは

部分矯正とは、ご自身で気になっている上下の歯列の一部だけを治す治療です。
通常の矯正治療とは、上下のすべての永久歯(28本)に緊密な咬み合わせと綺麗な歯並びを目標にしております。
全部の歯が綺麗に治すことができますが、費用、期間もそれなりにかかってきます。
しかし部分矯正はすべての矯正はやらずに1番気になっている部位のみを治す治療です。患者さんの希望に応じてできるオーダーメイド治療として部分矯正があります。
最近では『プチ矯正』とも呼ばれております。
部分矯正は適応症がありますので、全ての患者さんでできるとは限りませんので、初診カウンセリングでしっかり診てもらうことがとても重要になります。

部分矯正治療のメリットとデメリットとは?

【メリット】
☑短期間で終えられる

短期間で終えられる

通常の全体的な矯正治療は、その人の歯並びに影響はされますが、2年から3年くらいはかかってきます。
しかし部分矯正は、それに比べれば部分的な矯正になりますので、早く治療が終了します。部分矯正は、下の歯のガタガタなど軽度であれば後戻りの治療を除けば、最短で6ヶ月程で終わるケースもありますので、一度初診カウンセリングでにてご相談ください。
ケースによってはマウスピース矯正であるインビザラインを用いれば、期間もワイヤー矯正よりも抑えられる場合がありますので、聞いてみてください。

☑費用が抑えられる(矯正治療の値段が安い)

費用が抑えられる(矯正治療の値段が安い)

通常の矯正は、ざっくりですが、どこの矯正歯科でも、約100万円はかかってきますが、部分矯正であれば、気になる部分のみの矯正治療になりますので、⅓から½の費用で抑えられ、値段が安いです。
ワイヤー矯正が安い傾向がありますが、インビザラインなどの部分矯正も行うことができます。
インビザラインでも、部分矯正であれば、費用の方がだいぶ抑えられます。

【デメリット】
☑部分的には特定の歯を治したいが、部分矯正ではできない例がある

この歯だけを部分矯正で治したいと思っても、治療的に部分矯正では治療が不可能で、全体矯正が必要な場合があります。
特に出っ歯などは、その歯だけ治したいと思われますが、上下の歯列全体がずれているケースが多く全体矯正が必要なことが多く、部分矯正ではできない例としてあげることができます。
実際には初診カウンセリングで、ある程度部分矯正で治るかどうかの判断はつけられると思いますので、初診時に尋ねるのが良いと思います。
無理な部分矯正を行うと失敗する原因にもなりますので、実際に部分矯正を行うには、しっかりと精密検査も必要になります。

☑部分矯正後に他のところも気になり結局全体矯正をすれば良かったと思うことがある

気になっているところを部分矯正で治し綺麗になると、今度は矯正していない他のところも気になることは部分矯正を治療する患者さんにはよく起こります。
後々後悔しないようにするために、しっかりした噛み合わせを作るのであれば、最初から全体矯正にした方が良いでしょう。

部分矯正治療にはどのような装置があるの?

  • 表側矯正

    いわゆる昔ながらの表側にブラケットとワイヤーが着くものです。
    目立ちやすいですが、部分矯正の中でも1番費用が抑えることができ、矯正治療の値段が安いことが多いです。
    白いブラケットや白いワイヤーなどの種類もあり、昔ながらの銀色のメタルの矯正装置よりも目立ちにくいものもでてきております。

    表側矯正
  • マウスピース矯正(インビザライン)

    マウスピース矯正でもしっかり治せる矯正装置は、今現時点ですとインビザラインが確実です。
    部分矯正の場合には、『インビザラインライトパッケージ』というものになります。

    マウスピース矯正(インビザライン)
  • 裏側矯正(リンガル矯正)

    裏側矯正は、各人に対してカスタムメイドのブラケットを歯科技工所に発注するため、費用が今までの3つの装置の中で1番高額になります。
    しかし周りから矯正をやっていることがほとんどわからないので、目立たないことを1番優先にしている方には良いでしょう。

    裏側矯正(リンガル矯正)

部分矯正治療が適している歯並びとは?

部分矯正治療が適している歯並びとは

出っ歯、すきっ歯、受け口(反対咬合)、乱杭歯(叢生)、開咬のいずれの歯並びの中でも症状が軽度で上下の歯列の前後的、垂直的ズレが少なく、1〜6本以内の歯の移動であれば、部分矯正の適応の可能性が高いです。
実際の判断は初診カウンセリングで矯正専門医に仮の診断をしてもらうのがよいでしょう。

【部分矯正治療の流れ】

①初診カウンセリング (所要時間 45分 費用 ¥0)

初診カウンセリング

お口の中のお写真と全体的なレントゲンを撮らせていただきその情報をもとに『部分矯正ができるか?』『部分矯正ではどのような装置が使えるのか?』の仮診断をしていきます。
部分矯正治療はできるかどうかの診断が非常に重要です。できないケースに部分矯正を行ってもうまく治りません。
間違いない診断をしてもらうのであれば、矯正認定医(日本矯正歯科学会)のドクターに診てもらうのが1番確実です。

②精密検査(所要時間 45分 費用 20,000+税)

実際に矯正歯科のクリニックを決めて早速最終的な治療方針を決定するために精密検査を受けていいきます。
精密検査では、確定診断と治療方針の決定のために以下の検査をしていきます。

☑矯正歯科専用のレントゲン(正面セファロ、側方セファロ)
矯正歯科専用のレントゲン

『部分矯正でできるのか?』『全体矯正も必要なのか?』の最終判断をするためには、全体の骨格、歯列のバランスの把握は重要です。
そのため矯正歯科専用のレントゲンを用いて、上下の骨格のずれ、奥歯の位置、上下前歯の歯軸、鼻、上下の口唇、オトガイ(顎の先)の位置を確認し、お顔のバランスを診ていきます。

☑CT(三次元のレントゲン)
CT(三次元のレントゲン)

歯根の長さ、歯槽骨(歯を支える骨)量、顎の関節の形態などを確認し、部分矯正治療に耐えうる状態かを診ていきます。

☑お口とお顔のお写真

現状の写真を撮り、治療計画を立てるための情報を取り、また部分治療が進む際に比較できるように記録しておきます。

☑デジタルスキャンによる上下の型取り、咬みあわせを取る(デジタルスキャニングで難しい箇所がある場合には、通常の型取りも行う場合もあります。)

診断結果報告と治療方針の詳しいお話

当院では最新のデジタルスキャナーを使用しております。
インビザラインや裏側矯正治療の際に使用されます。
写真よりもより、詳しく歯と歯肉、咬み合わせなどのお口の中の状態を確認できます。

③診断結果報告と治療方針の詳しいお話(所要時間 45分 費用 10,000+税)

ここで最終的な今のお顔とお口の状況が確認でき、今後どのような治療をしていくかをお話ししていきます。

  • 『今の歯並びになっている原因は?』
  • 『部分矯正で治療が可能か?』
  • 『どのような装置治すの?』
  • 『治療期間はどれくらい?』
  • 『治療費はどれくらい?』
  • 『お支払い方法は?』

などの疑問を解決していきます。
もしインビザラインで治療がご希望の場合にはここからインビザラインのマウスピースをアメリカへ依頼していきます。
また裏側矯正の場合にも各人の裏側矯正装置をカスタムメイドをしてもらうために、技工士さんに発注していきます。

④部分矯正治療スタート

部分矯正治療スタート

部分矯正治療スタート

部分的な表側矯正、インビザライン、裏側矯正を患者様のご要望に応じて行っていきます。選択された装置に応じで毎月1か月~2か月に1回来院して頂き調整をしていきます。

⑤保定(後戻りを診ていく治療)

保定(後戻りを診ていく治療)

歯を動かした歯は、必ず後戻りを起こしていきますので、そうならないために、リテーナー(マウスピース型やプレート型)を終日使用をして、後戻りを落ち着かせていきます。歯を支える骨がしっかり固まり落ち着いてきたら、夜だけ使用していきます。