町田駅前矯正歯科
MENU
初診カウンセリングはこちら
042-732-5775

【すきっ歯(空隙歯列弓、正中離開)とは?またその治療とは?】|【町田駅】目の前の矯正歯科・歯医者|土日診療-町田駅前矯正歯科

【すきっ歯(空隙歯列弓、正中離開)とは?またその治療とは?】

Blog

【すきっ歯(空隙歯列弓、正中離開)とは?またその治療とは?】

【すきっ歯(空隙歯列弓、正中離開)とは?またその治療とは?】

 

 すきっ歯とは昔からある言葉で、上下の歯列に何かしらの隙間がある状態のことをいいます。矯正の専門用語だと空隙歯列弓というものです。特に上の前歯の1番前の2本(上顎両側中切歯)の間が空いている場合は正中離開と言われております。正中離開は、前歯のため日常的に見ることが多く、他人からも気付くことが多いです。昔からこの正中離開は、幸せが逃げるなどの迷信がありました。おそらくその歯並びが良くなればもっとプラスになることが多いから言われていたのでしょう。すきっ歯は、治すのが比較的容易な矯正の部類でありながら、とても治ったときのイメージが変わる不正咬合の一つだと思います。自分の患者さんでもインビザラインを使用して直した方はとても良く治り、気持ちも前向きになられて今も保定治療に明るく通っていただいております。

 

 

 

 

すきっぱ(空隙歯列弓、正中離開)の原因とは?

 

すきっぱの原因は、いくつかあります。

 

①骨格と歯のバランスに不具合がある

 

 まず骨格と歯のバランスに不具合がある場合です。具体的にいうと、顎は大きいけれども歯はそこまで大きくない場合には、顎の比率が大きくなり、隙間が生じてしまいます。また歯がもともと欠損(生まれつきない場合)を生じている場合にも骨格と歯のバランスが悪いために隙間が生じてしまいます。

 

 

 

②舌が大きい

 

 

 お口の中には舌があります。この舌は正常な大きさであれば問題ないのですが、より大きい舌である巨舌は問題が生じます。なぜなら舌で内側から歯を押してしまうからです。そうすると歯列が骨格の外側に並ぶために、スペースが生じます。これが空隙歯列弓を作ってしまいます。だいたいこの場合には、舌に歯型がついていることが多く、常に外側に力が働いています。この場合には、舌の位置を正常な位置(スポット)確認のトレーニングや弛んだ舌の筋トレを行い舌を小さくすることが必要です。

 

③歯と歯の間に何かがある

特に正中離開のときによく見られますが、歯と歯の間に過剰な歯(一本多い余計な歯)があることがあります。これによって隙間が生じてしまっていることがあり、この場合には外科的に過剰歯を取る処置が必要になります。

 

④上唇小帯が強い

 

 これま正中離開ときによく見られることですが、上の前歯の間に小帯と呼ばれるヒダが上唇と繋がっております。これが、強くて硬い状態のものだと前歯が自然に閉じようとする動きを

阻害します。この場合にも外科的な処置が必要になり、上唇小帯を切除することが必要になります。

 

⑤何かをかじる癖がある

 

 人によってはストレスを感じると、何か口に入れたり、かじったりして心を落ち着かせることがあるといいます。野球選手がひまわりの種やガムを噛んでいるのも、緊張をほぐす役割があると言われております。

しかし矯正関して言えば、何かをかじることによって前歯の隙間が開いてしまうことがあります。自分の爪や鉛筆などをかじる方が多い気がします。

 

 

 

 

⑥下の前歯が上の前歯に突き上げて隙間が開いている

 

 かみ合わせが深い方や歯周病で奥歯を失ってしまっている方は上下の前歯同士が当たるので上の前歯がすきっ歯になることがあります。突き上げといつ現象で、上下の前歯の位置関係を正しく治さないとさらに前歯の隙間が生じてしまう可能性があります。

 

すきっ歯(空隙歯列弓、正中離開)の治療法とはどのようにして行うのでしょうか?

 まず矯正装置をつける前に大事なことがあります。すきっ歯の原因をはっきりさせ、それを取り除いてから矯正治療を行うことが重要です。そうでなければ、矯正治療を行なったとしても後戻りを起こしたり、矯正治療自体うまくすすみません。

 

☆ワイヤー矯正

 奥歯につけるバンドや歯の表面につけるブラケットを順次つけていき、細くて柔らかいワイヤーから少しずつ太くて硬いワイヤーがセットされたら、上下とも一気にスペースを閉じていきます。ガタガタの歯並び(叢生)などと違いあらかじめスペースに余裕があるので、元々の並びも悪くないため割と早いテンポで治療が進む傾向があります。ここで大事なことがやはりすきっ歯になってしまった原因をしっかり取り除くことです。原因によっては矯正治療よりも原因を取り除くことに時間がかかってしまうこもあります。病気と同じで原因を治さないと再度後戻りしてしまうので、原因除去はとても重要です。

 

 

☆☆マウスピース矯正(インビザラインなど)

 

 マウスピース矯正の場合には、特徴として最初にマウスピースを入れる時から一気に歯を動かすことができますので、ブラケット、バンド、ワイヤーなどの従来の装置よりもテンポ良く治療が進んでいきます。そのためすきっ歯の方に関しては個人的にはマウスピース矯正(インビザライン)をおすすめしております。もちろんマウスピース矯正(インビザライン)の弱点である傾斜による移動しかできないので、スペースを閉じているときに上下の前歯が倒れ込むような動きをした場合には、なるべるマウスピースで、リカバリーしますが、必要に応じてワイヤー矯正でリカバリー治療をすることもあります。

 

【まとめ】

 

☑すきっ歯(空隙歯列弓、正中離開)には6つの原因があります。

☑原因を確定してしっかり治さないと後戻りを起こす。

☑ワイヤー矯正でもマウスピース矯正でもできますが、マウスピース矯正は治療においては得意な歯  

  並びである。

 

 今の人たちは、割と叢生などのガタガタの歯並びのが多いのですきっ歯などの空隙歯列弓にで合う頻度は少ないように思います。しかしスペースは、影になるので、少しのガタガタのよりも目立つことが多いです。そのため印象にも影響してきますので、ぜひ治療されることをお勧めいたします。もともとスペースがありますので、矯正治療自体は治療しやすいです。

町田駅前矯正歯科 医院長

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ