町田駅前矯正歯科
MENU
初診カウンセリングはこちら
042-732-5775

【矯正治療をやる前に知っていてほしい大事なこととは?】|【町田駅】目の前の矯正歯科・歯医者|土日診療-町田駅前矯正歯科

【矯正治療をやる前に知っていてほしい大事なこととは?】

Blog

【矯正治療をやる前に知っていてほしい大事なこととは?】

今回は、矯正治療やることを考えられている方にとって知っておいてほしい大事なことを書いていきたいと思います。

 

 

矯正治療は、歯並びを改善することによって形態的、機能的に以下のことを改善することができます。

 

○噛み合わせの改善

○横顔の改善

○歯並びの改善

 

またこの3つを改善することによって自分の中のセルフイメージもよくなり、前向きなり、人生にとってプラスに働くようになっていきます。コンプレックスが消えることによって自信を持ち、今まで内向的であった性格が一気に社交的になり、人生が一変することもあります。

 

それでは、矯正を始める前に矯正治療についてやる上で知っておくべき大事なことを説明します。

 

①患者さん本人とドクターの共同作業である!?

矯正治療は、インビザラインや表側矯正、裏側矯正などいろいろな装置が存在します。これらの装置は種類によって患者さんが頑張る度合いとドクターサイドが頑張る度合いの違いが若干ありますが、どちらか一方の努力で綺麗な歯並びが達成されるわけではなく二つの要因がうまくバランスがとれて達成されるものです。

 

 

各装置別に頑張りどころを説明していきます。

 

【インビザライン

マウスピース矯正の一つであり、1日20〜22時間の使用が必要になるので、ドクターサイドの治療計画であるクリンチェックもとても重要ですが、実際に治療が始まると、患者さん自身の使用時間が1番大事で頑張りどころになります。歯ブラシは、ワイヤー矯正よりも磨きやすいので、普段通りに近い歯磨きで大丈夫です。患者さん自身のモチベーションが治療結果を左右しやすい装置だと考えられます。

 

【表側矯正、裏側矯正】

ドクターサイドでワイヤーやブラケットを調整することによって治療を進めていきます。ドクターサイドが手動で治療していくので、ドクターの治療方針、腕がとても重要になってきます。ドクターに頑張ってもらうことが多いですが、歯ブラシは患者さんがメインでやらないとインビザラインよりも複雑な装置なので虫歯や歯周病になりやすくなります。特に裏側矯正の場合には、裏側の為歯ブラシが難しく歯肉が腫れやすいです。大きく腫れてしまうと治療自体が困難になってしまうので、要注意です。大きく腫れた歯肉は、磨いても元通りにはならないので、切除するほかありません。

 

 

②矯正治療は何度もできない!?

 

『矯正治療は、人生で一回しかしない方が良い』と私は思っております。それはなぜかというと、矯正治療によって歯や歯根、歯を支える骨、歯肉にダメージが残る為です。一回であればほとんどの方は問題ないことが多いですが、二度、三度となると歯周組織がダメージを受け、最終的には矯正治療ができなくなるとともに歯本来の寿命も短くしてしまいます。具体的には歯根が短くなる『歯根吸収』や歯肉が下に下がる『歯肉退縮』、歯を支える骨が吸収する『歯根吸収』というダメージが矯正をやる度に蓄積していく。

 

 

こうならないためには、きれいな歯並びになった後に使うリテーナーをしっかり使うことが重要です。私は後戻りを抑える期間を終えても定期的に1週間に数回は後戻りしていないかをリテーナーをはめてチェックしています。あたまのところ後戻りは起きておりません。

 

 

③きれいになるためにいろいろな制約がでてくる!?

 

矯正治療は、コンプレックスを改善することができますが、日常生活にいろいろと制約がでてきます。みなさん乗り越えて、きれいな歯並びとスマイルを獲得していくのですが、ある程度の忍耐力もある程度は必要になってきます。具体的には、矯正で歯に力がかかると1週間くらいお痛みが続くことや硬いものやガム、キャラメルなどは矯正装置が壊れる原因になるので、避ける必要があることなど、他にも制約がかかります。しかし大概の方は頑張ってきれいになるために乗り越えます。最初からこのことを知って矯正治療に臨むのと知らないので臨むのとでは、実際の治療の際のモチベーションに差が出てくルと思います。

 

【矯正治療で制約がかかる事柄】

 

☑食べ物硬いものや粘着力が強いものは❌

☑色素の強いカレー、コーヒー、紅茶、キムチなどは、矯正装置が染まるので▲

☑調整した日から痛みが1週間は続く(3日間でピークが来て、それ以降は和らいでいきます)

☑お口の中に口内炎ができやすくなる

☑慣れるまでは発音しづらい

 

 

【まとめ】

 

①矯正治療は、ドクターと患者さんの共同作業である

 

②矯正治療は人生で一回が望ましい。何回もできるものではない

 

③矯正治療は日常生活にも制限がかかることがある

 

綺麗な歯並びを獲得するのはとても人生にとって有意義なことです。

頑張っていきましょう。

 

 

町田駅前矯正歯科 医院長

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ