町田駅前矯正歯科
MENU
初診カウンセリングはこちら
042-732-5775

『矯正治療中のゴムかけ(顎間ゴム)とは?』|【町田駅】目の前の矯正歯科・歯医者|土日診療-町田駅前矯正歯科

『矯正治療中のゴムかけ(顎間ゴム)とは?』

Blog

『矯正治療中のゴムかけ(顎間ゴム)とは?』

矯正治療中のゴムかけとは?

 

 矯正治療において歯並びを整えるだけではなく、かみ合わせを整えることは大変重要です。

歯並びを整えるだけでは正しいかみ合わせに整えるのは難しく、患者様ご自身にもご協力いただくことがございます。

そのひとつとして“顎間ゴム”という小さな輪ゴムを上下の装置にかけ、ご自身で取り外しをしていただく治療があります。

 

【顎間ゴムの目的】

 

顎間ゴムは、ある程度歯並びを整えた後にかみ合わせの調整のために使用します。

『ワイヤー矯正のマウスピース矯正の上下顎それぞれに矯正装置を装着するため、上下を一緒に動かすことはできません』

そのため、顎間ゴムを使用し、上下顎の矯正装置にゴムをかけることによってゴムの引っ張り合う力を利用して歯を移動する補助をしたり、顎のずれを改善し正しいかみ合わせに導きます。上下でしっかり物を咬めるように上下の歯同士をしっかり接するようにすることが、とても大事になります。

 

 

 


 

【顎間ゴムの使用方法】

 

歯科医師の指示で顎間ゴムの開始になりますが、患者様ご自身で取り外しをしていただくため使用頻度が低いと思うように動きません。長時間使っていただくほど効果的です。

 

お食事や歯磨き以外は、顎間ゴムを使用していただき、目安として1日20時間以上顎間ゴムをつけた状態になります。ほぼ終日使うとようやく効果がでてきます。

また、顎間ゴムを外している時間が長くなってしまうと歯の位置や顎の位置が移動する前に戻ってしまいます。

継続的に使用いただくことにより効果が出て、固定されるので注意が必要になります。

 

『3歩進んで2歩下がるという歌がありましたが、顎間ゴムに関しては、ひとときの使用は、3歩進んで3歩下がるイメージです。使った分だけ治りますが、使わないと本当にまったく良くなりません。』

 

 

1度外してゴムを再装着する際に新しいゴムと交換してください。

お食事の際に無くしてしまったなどの何かしらの理由で交換が難しい場合でも、劣化したゴムでは効果的ではないため24時間以内に新しいものに交換してください。

 

脱は始めは大変ですが、慣れてしまえばさほど時間もかからなくなります。

また、着脱を補助する専用の道具もあります。ご自身の指でゴムをかける矯正装置が隠れてしまって着けることが難しいなどの際には、そちらのスティックをご使用された方が着けやすく、時間短縮にも繋がります。顎間ゴムのやり方を間違えると逆に悪くなってしまうので、よく歯科衛生士さんに確認するのが大切です。

 


 

【顎間ゴムの代表的なかけ方】

 

顎間ゴムをかける矯正装置の位置やかけ方、ゴムの強さは患者様の歯並びや顎によって異なります。

 

☑ Ⅱ級ゴム 上顎前突(出っ歯)

 

主に上顎の歯が前に出ている患者様に使用します。

上顎の犬歯付近と下顎の第一大臼歯付近に顎間ゴムをかけ、上顎を後方へ下顎を前方に引っ張ります。

 

 


 

☑Ⅲ級ゴム 下顎前突(受け口)

 

下顎の歯が前に出ている患者様に使用します。

 

下顎の犬歯付近と上顎の第一大臼歯付近に顎間ゴムをかけ、下顎を後方に上顎を前方に引っ張ります。Ⅱ級ゴムとは逆の力がかかります。

 


 

☑クロスゴム 交叉咬合(上下のかみ合わせが交叉している)

 

上下のかみ合わせが左右にずれている患者様に使用します。

上下同名歯の表側と裏側でクロスするように顎間ゴムをかけ、交差するように引っ張ります。

 


 

☑垂直ゴム 開咬:オープンバイト(奥歯はかみ合っているが前歯はかみ合っていない)

 

上下の歯が接していない患者様に使用します。

上下同名歯に顎間ゴムを縦にかけ、上下で引っ張り合いします。

 


 

【顎間ゴムを使用する期間】

 

患者様によって期間は変わってきます。また患者様によっては使用される必要のない方もいらっしゃいます。

目安として数か月間ですので指示の合った期間使用していただくのですが、使用を怠ってしまうと思うような効果が出ず、使用期間や治療期間が延びてしまうこともございます。

 

指示の合った期間は大変ではございますが、頑張ってご使用いただくことで治療後の仕上がりが大きく違ってきます。

 


 

【顎間ゴムを使用することで起こりうる問題点】

 

☑顎の痛み

 

顎間ゴムを使用することで顎にも力がかかり、痛みが生じる可能性がございます。

着け始めた2~3日は特にお痛みも強いですが、どうしても痛みは避けられないため鎮痛剤を服用していただいて様子をみてください。

ご自身で取り外しができることで痛みが出る度に外してしまうと効果が得られない場合もございます。

ただし、痛みが強く我慢できない際には、無理をせずに歯科医師にご相談ください。

一時的にご使用を中止していただり、顎間ゴムの強さを変更する場合もございます。

 


 

☑見た目が気になる

 

顎間ゴムは上下でかけるため、お口をお開いた際に見た目が気になりやすいです。

長時間ご使用していただくことが重要ですが、人前でお話しされる際やお写真に写るなど短時間であれば外していただいて結構です。

 

コロナウイルスの流行により、皆様マスクをされて生活されているので今までよりも口元を隠すことができるようになりました。

大変なことも多いですが、これを機に今までよりも見た目を気にすることなく、顎間ゴムをご使用いただけたらと思います。

最近では比較的透明なゴムも発売しているので、矯正担当医の先生に聞いてみると良いでしょう。

 


 

☑ゴムを無くしてしまう

 

お食事や歯磨きの際に無くしてしまったり、落としてしまうことがあります。

顎間ゴムは袋に入った状態でお渡しするので外出される際にはお持ちいただくことがおすすめです。

袋ごと無くしてしまったり、次の診療前に無くなってしまった際には、郵送でお送りする医院も多いので歯科医院にご相談ください。

 

【まとめ】

 

☑顎間ゴムはお食事と歯磨きの時以外は着用する

 

☑ゴムは再装着する際に新しいものに交換する

 

☑患者様によって顎間ゴムのかけ方や種類が違う

 

☑効果をあげるために長時間ご使用いただく

 

顎間ゴムは、矯正治療の中でも終盤に位置する治療になりますが、とても重要でこれを本当にしっかりやるかやらないかで、矯正治療の仕上がりに大きな差がでます。根気のいる作業ですが、頑張ってやっていきましょう。

町田駅前矯正歯科 N

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ