町田駅前矯正歯科
オンライン診療
MENU

『矯正治療のお支払い方法にはどのようなものがあるの?』|【町田駅】目の前の矯正歯科・歯医者|土日診療-町田駅前矯正歯科

『矯正治療のお支払い方法にはどのようなものがあるの?』

Blog

『矯正治療のお支払い方法にはどのようなものがあるの?』

 矯正治療を始める上で気になるのことで、治療費の支払い方法があります。一般的な方法も網羅されていますので、今回は当院の支払い方法を例として説明していきます。気持ちの面でも実際の矯正治療の費用体系が具体的になることにより、安心して治療に臨むことができると思います。

 

 

当院では、以下の4種類の支払い方法を採用しております。

 

①デンタルローン(手数料有り/分割払い)

②一括払い(口座振込)

③クレジットカード払い

④現金一括払い(受付窓口)

 

 


 

①デンタルローン

 

 歯医者さん専用の『ローン』になります。ローンの考え方は、お金を手数料を支払ってローン会社から借りるということです。そのため返済期間が長ければ長いほど手数料がかかってきます。逆に言えば分割払いの回数は、患者さん自身で決めるこもができます。ボーナス払いや頭金で費用を決めることによって手数利用を下げる手段があります。またデンタルローンは審査があります。実際に精密検査後に詳しい治療のお話し(コンサル)をした後に具体的な治療費用決定後、スマホからデンタルローンの審査をしていきます。審査が通れば、治療開始となります。

 また、デンタルローン手数料の利率は各クリニックによって変わってくるので、そのクリニックの利率から実際の支払い計画も出してもらうと具体的かもしれません。当院ではアプラスローンを導入しており、選んだ治療法に応じて、初診時に簡単に返済のシュミレーションもさせてもらっております。アプラスローンは、時々Tポイントの分配キャンペーンをやっている場合がありますので、お得な時もあります。

 

 


 

②一括払い(口座振込)

 

 言葉の通り一括のお支払いです。クリニック口座への一括入金になります。その場合ほとんどのケースでは、振り込み手数料に関しては患者さんの負担になるのがほとんどです。同一銀行からの振り込みであれば、手数料のいくらかはかからないです。もし、同一銀行であれば幸運かもしれません。また受付での現金一括受け渡しとは異なり、口座間での取引なので大金を持ち歩かなくて良いので安心して行うことができます。

 

 


 

③クレジットカード(分割払い)

 

 患者さんが、お持ちのクレジットカードから分割を行うことです。つまりリボ払いのことになります。クレジットカードのリボ払いについては個人的にはあまりおすすめはしないです。それは手数料の利率がデンタルローンの2倍以上あるからです。ほとんどのカードが約10%でとても高いです。どうしてもクレジットカードを使いたい方に関しては、手数料がかからない分割払い(1回または2回)をおすすめしております。リボ払いのCMなどよく見ますが、実際にリボ払いにして計算しますと非常に高いのがわかります。同じローンでも利率によって全然異なりますので、実際に治療を行う際には十分に具体的な計算を行うことが大切です。

 

 


 

④現金一括払い(受付窓口)

 

 クリニックの受付窓口で、一括払いをする方法です。振り込み手数料もいらないので、1番費用がかからない入金方法です。ただ矯正治療費は、とても高額ですので、大金を持ち歩いてクリニックまでいらっしゃるのが不安という方も実際におりますので、その際には振込手数料がかかったとしても、安全に口座振込をされたほうがよいかもしれません。

 

 


 

~番外編~

 実際に支払いを終えた際にもらう領主書は必ず大切に保管するようにしてください。それは年末の確定申告時の医療費控除の対象になるからです。子供さんの場合には、ほぼ通ります。大人の方でも厳しい税務署さんだと診断書が必要になる場合もあります。少しでも得をする部分があるのであれば、使わない手はありません。各病院によって診断書作成費用は異なりますので、直接かかりつけのクリニックへ聞いてみるのが良いでしょう。医療費控除は、そのクリニックへ行くための交通費も出る場合がありますので、領収書は大切に保管しててください。実際の医療費控除について知りたい方は当クリニック内の医療費控除のブログを見てみてください。https://machida-kyosei.com/blog/2021/03/17/738/

 

 

【まとめ】

☑一般的な矯正治療費のお支払い方法には4種類がある

☑各お支払い方法にはメリット、デメリットがある

➀デンタルローン(手数料有り/分割払い)

②一括払い(口座振込)

③クレジットカード払い

④現金一括払い(受付窓口)

☑お支払い方法を決める上で一番大事なことは実際の費用を具体的に計算して確認してから決める

 

【最後に】

『お金は大事です』少しでも損をしない様に各お支払い方法で具体的な数字を算出してもらい、決定するのが一番大切だと個人的には思います。実際に費用を聞くタイミングとしては初診カウンセリングだと思います。時間がかかってもよいと思いますので、実際に各装置で最終的にかかる費用の詳細を初診カウンセリング時に算出してもらうのが安心だと思います。

町田駅前矯正歯科

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ