町田駅前矯正歯科
MENU
初診カウンセリングはこちら
042-732-5775

『歯列矯正(矯正治療)の変化はいつからわかるのでしょうか?』|【町田駅】目の前の矯正歯科・歯医者|土日診療-町田駅前矯正歯科

『歯列矯正(矯正治療)の変化はいつからわかるのでしょうか?』

Blog

『歯列矯正(矯正治療)の変化はいつからわかるのでしょうか?』

『歯列矯正(矯正治療)の変化はいつからわかるのでしょうか?』

 

記事編集:渡邉 博人 日本矯正歯科学会認定医/町田駅前矯正歯科医院長

 

 

 

 

 

 

こんにちは、町田駅前矯正歯科の渡邉です。

今回は、よく患者さんから質問されることについてお答えしていこうと思います。

初診カウンセリング時や矯正治療の初期によく以下のような質問をされることがあります。

 

初診カウンセリングや矯正治療の初期の段階で聞かれることが多いです。

 

『歯列矯正の変化はいつからわかりますか?』

『矯正の見た目の変化はいつからわかりますか?』

『マウスピース矯正はいつから変化が分かりますか?』

 

矯正治療をスタートしてから、早く歯の移動を実感したいという患者様の生の声だと思います。

 

『早く矯正装置を外したい(ブラオフ)のは患者様の希望だと思います。』

 

今回は矯正治療をスタートした際にどれぐらいの期間で見た目の変化がでてくるかについてお話していきたいと思います。

 


 

【目次:もくじ】

 

①矯正治療の変化は1ヶ月に約1.0mmが平均!?

②特にワイヤー矯正だと、治療ステップでも歯の動きに差がある!?

③『矯正あるある』→最初の歯並びを忘れてしまう!?

④他人からわかる見た目の変化についてのお話

★まとめ★

 


 

①矯正治療の変化は1ヶ月に約1.0mmが平均!?

 

矯正治療は一か月に1回の治療だけど、歯は1か月でどのようくらい動くのでしょうか?

 

 矯正治療は、矯正の力によって、少しずつ歯の周りの骨が作り替えられて、少しずつ動いていきます。これを骨のリモデリングと言われております。このリモデリングの平均的な変化としては、1ヶ月に約1.0mmになります。しかし、個人差も大きく、歯の食いしばりや骨の代謝異常などの歯の動きを遅くする要素があると1ヶ月に約0.5mm程度になる場合もあります。動きが遅い場合には、一度担当医に状況確認をしてみるとよいでしょう。逆に歯周病などの歯を支える骨が少なく、通常の状態でも少し揺れている場合には、歯の移動速度は速くなります。しかしこの場合には歯槽骨が弱っているので、早く動かし過ぎるのも問題です。骨にも気を使いながらの慎重な調整が必要になります。

 

 

 

 

 

歯の動きは、患者様のお体とお口の状況によって変わってきます。同じ歯の動きの方はほとんどおりません。その方の状況に応じた矯正の力をかけることがとても重要です。


 

②特にワイヤー矯正だと、治療ステップでも歯の動きに差がある!?

 

 矯正治療は、最初の歯並びが悪いため、歯並びが良くなっていくのを目に見えてわかります。しかし、ある程度並んで抜歯ケースだとスペースも閉じてしまうと、毎月の変化は分かりづらくなってきます。矯正(抜歯ケース)のステップは以下のようになりますが、各ステップの見た目変化を示します。

 

※抜歯ケースのステップと歯列の見た目の変化

 

ステップ1. 全体的にある程度並べる 変化 

ステップ2. 犬歯のみを後ろへ引く  変化 

ステップ3. 抜歯スペースの閉鎖   変化 

ステップ4. 細かい調整       変化 

ステップ5. リテーナー       変化 ほぼなし

 

この表から、最初に見た目の変化がわかるのは、ステップ1のレベリングの際だと考えられます。この段階ですと、1ヶ月に1.0ミリの動きは出てくると思いますので、半年もすれば大体の方は変化を知ることができると思います。逆にステップ4になるとなかなか毎回の矯正の変化は分かりづらくなってきますが、上下の噛み合わせをしっかり作るにはこの段階がとても大事になってきますので、根気よく続けていただくのが良いと思います。

 


 

③『矯正あるある』→最初の歯並びを忘れてしまう!?

 

 矯正治療をスタートすると変化はしているけれども、毎日歯ブラシの際に鏡でご自身の歯を見ているため、逆に見慣れてしまって、最初の歯並びを忘れてしまうことが、多いです。そうするとしっかり動いているかを不安がる患者さんもいらっしゃいます。

 

 この対策としては、初診時のご自身のお口の中の写真をもらい、変化し始めているかを確認しながら矯正治療を行うのがよいでしょう。当院では、初診時に患者さまのお口とお顔のお写真を撮らせていたいただき、お渡しさせていただいております。

 

最初の頃の歯並びは、よく覚えていない人がほとんどです。 最初の頃の写真をもらって歯ブラシの際に比較してみましょう。

 


 

④他人からわかる見た目の変化についてのお話

 

自分では少なからず、歯が動く変化はわかると思いますが、他人からわかる見た目の変化は、いつわかるのでしょうか?よく歯並びの変化について他人コメントをもらう場面は以下のようなシーンが多いです。

 

≪他人から歯並びを指摘されるシーン≫

☑️大きく笑ったりする場合

→ステキな笑顔は綺麗な歯並びから作られます。

→また自信を持って笑えることによってさらに笑顔がステキに見えます。

☑️歯科検診

→お互いに歯について観察する機会が増えるからだと思います。

☑️横顔を見られたとき(特に口ゴボを治された方には特に変化が多いです)

☑️歯並びの話題になった場合

→自ずと自分達の歯並びはどうかという話になると思います。

 

 

せっかく頑張っている矯正治療。他人にも気付いてほしいものです!そうすることでこちらのモチベーションも上がります!

 

 今は新型コロナウイルス対策てしてマスク生活が当たり前になっているため、歯並びの変化を他人から指摘されることはほぼないと思いますが、マスク生活が徐々に緩和されてくることにより、いつの間にか綺麗になっている歯並びに他人から見ればとてもびっくりするすることなのではないでしょうか?マスクをしている間に矯正治療を終えてしまおうという患者さんのニーズも多いことも事実です。

 

 矯正治療は、自己の満足度の高さの治療にもなりますが、それ以上に他人からキレイな歯並びであると言ってもらえるのはとても、嬉しいことです。早くマスク生活が終えて、いろんな人にキレイな歯並びを褒めてもらいたいですね!

 

矯正治療の中で、患者様とお話をしていると思うことがあります。矯正治療は患者様ご自身ののためですが、他人にも気付いてほしい気持ちは誰しもが持っています。

 


 

★まとめ★

 

☑️毎月1.0ミリの変化だが、初めて半年くらいで、大きな変化があることが多い。

 

☑️矯正治療のステップによって見た目の変化が大きい場合とそうではない時がある。

 

☑️矯正あるある☞最初の自分の歯並びを忘れてしまうので、変化が分かりにくい場合がある。

 

☑️マスク期間で治してしまおうという患者様のニーズが多いのも事実です。

 

少しでも満足のいく矯正治療を!

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ