町田駅前矯正歯科
MENU
初診カウンセリングはこちら
042-732-5775

『ホワイトニングの効果と適応について Vo.2』|町田の矯正歯科専門の歯科医院|土日診療-町田駅前矯正歯科

『ホワイトニングの効果と適応について Vo.2』

Blog

『ホワイトニングの効果と適応について Vo.2』

記事制作と記事編集:矯正専門歯科衛生士 T
監修:渡邉 博人 日本矯正歯科学会認定医/町田駅前矯正歯科医院長

 

 

 

『ホワイトニングの効果と適応について Vo.2』

 

 

 

 

みなさんこんにちは!
段々と冬が近づいてきました。夜は冷え込みやすいので羽織るものが一枚あると安心ですね。気を付けていきましょう。

さて今回のテーマは『ホワイトニングの効果と適応について』です。

矯正が終わり、次はホワイトニングで歯を白くしたい!という方が多いと思います。
ホワイトニングで効果のある歯、効果が出にくい歯が存在します。

 

メリット、デメリットもお話しできたらと思います。

 

 



 

 

Ⅰ:ホワイトニングとは
Ⅱ:ホワイトニングの効果
Ⅲ:ホワイトニングの適応
Ⅳ:ホワイトニングのメリット、デメリット

 

★まとめ★

 

 



 

 

 

Ⅰ:ホワイトニングとは

 

 

ホワイトニングとは、歯の色を薬剤の力を使って白く漂白(ブリーチング)することです。

 

 

歯をキレイにする手段として、間違われやすいのが『クリーニング』です。
クリーニングは機械的に歯の表面に付いている着色汚れ(ステイン)やタバコのヤニなどを落とすことが可能です。歯の本来の色までは明るくすることはできないので、次の手段は『ホワイトニング』になってきます。

 

クリーニングをして、更に歯を白くしたい方はお薬を使ったホワイトニングをおススメします。

 

 

 

Ⅱ:ホワイトニングの効果

 

 

 

ホワイトニングによって歯が白くなる仕組みは、ホワイトニングの薬剤の成分として採用されている 『過酸化水素水』 『過酸化尿素』 の効果によって

歯の中に含まれる色素を分解し歯の本来の色自体を白くするブリーチング効果があります。

また、着色汚れを分解し歯が白くなる効果もあります。

 

 

 

 

 

 

Ⅲ:ホワイトニングの適応

 

 

 

 

 

加齢による黄ばみコーヒー、紅茶、ワイン、タバコ等による変色、色素性細菌による変色に適応されます。

加齢に伴い、歯は黄ばみがかってきます
日々のブラッシングによりエナメル質が薄くなり、中の象牙質が透けてきて黄ばんだように
見えてしまいます。

 

 

 

また、コーヒー、紅茶、日本茶、赤ワイン、カレーなどのステインが多く含まれる飲食物、
タバコ等に含まれるヤニなどでも茶色く変色してきます。

 

 

 

 

これらは、歯科医院でPMTCを受けることで改善されてきます。 これより、もっと白くしたい!という方にはホワイトニングをおすすめします。
全身疾患による着色としてあげられるのは、テトラサイクリンによる変色があります。

 

出生後から8歳頃までの間にテトラサイクリン系の抗生物質を多量に服用したことが原因により、歯がグレーがかったような色に変色してしまいます。
これは、ホワイトニングでの効果はあまり期待できません。変色度合いにより、効果が得られる事もあります。個人差が大きく左右します。

 

 

 

 

Ⅳ:『ホワイトニングのメリット、デメリット』

 

 

 

 

ホワイトニングをすることで得られるメリットとデメリットをまとめました。

 

 

メリット

白い歯は清潔感があり、見た目の印象が変わります。
お口元から白く見える歯はとても健康的に見えます。
自然と笑顔になります。

 

乳歯は乳白色でとても白いですが、永久歯はもともとがすこし黄色みがかっています。
ホワイトニングは黄色みがかっているのを自然な白に近づけることができます。

 

 

 

デメリット

 

◎施術できない場合がある◎

 

 

 

 

妊娠中、授乳中の方
↳薬剤は基本的に身体に取り込んでも害はありませんが
赤ちゃんは抵抗力が弱いので影響が出ないとも言えません。
念のために控えておいたほうが良いでしょう。

 

知覚過敏、う蝕、歯周病の

  ↳知覚過敏の症状が出ている部位や、

う蝕や歯周病の罹患している箇所は
薬剤がしみてしまい痛みが生じます。

基本的な治療を終えてからホワイトニングに臨むとより効果が期待できます。

 

 

 

天然歯にしか効果が出ない

 

↳一度治療をし白い詰め物が入っている箇所や、被せ物がかぶっている歯
には効果が出ません。一度神経の治療をした歯も効果が期待できません。

 

 

 

ホワイトニングをして歯が白くなってから、詰め物被せ物の色が気になったら
担当医と相談してやり替える事は可能です。

 

 

 

 

かかりつけ医院と相談してみるのをおススメします。

 

 

 

 

 



★まとめ★
Ⅰ:ホワイトニングとは薬剤を使用し歯のブリーチングをすること
Ⅱ:ホワイトニングの効果は着色成分を分解し歯を白くする
Ⅲ:ホワイトニングは天然歯に効果がある
Ⅳ:メリット
↳見た目の印象が変わり清潔感がでる。
デメリット
↳口腔内環境や母体の状況により施術できない場合がある

 



 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ