町田駅前矯正歯科
MENU
初診カウンセリングはこちら
042-732-5775

『裏側矯正のIDBSとは何か』|町田の矯正歯科専門の歯科医院|土日診療-町田駅前矯正歯科

『裏側矯正のIDBSとは何か』

Blog

『裏側矯正のIDBSとは何か』

記事制作と記事編集:矯正専門歯科衛生士 I
監修:渡邉 博人 日本矯正歯科学会認定医/町田駅前矯正歯科医院長

【はじめに】

 矯正治療において、ブラケットを歯に接着する方法を

ダイレクトボンディングシステム(以下「DBS」とする。)

または

インダイレクトボンディングシステム(以下「IDBS」とする。)

といいます。

表側矯正では、主にDBSによりブラケットを歯に装着します。

対して裏側矯正では、IDBSによりブラケットを歯に装着します。

 今回は「裏側矯正のIDBSとは何か」をテーマに、

当院におけるIDBSについて解説していきたいと思います。

 

 


 

【目次】

①DBSとはーメリットとデメリットー

②IDBSと裏側矯正

③当院におけるIDBS

★まとめ★

 


 

【内容】

①DBSとはーメリットとデメリットー

 

 

 DBSとは日本語で「直接接着法」といい、

ブラケットを歯に直接接着する方法のことです。

表側矯正ではほとんどの場合DBSによりブラケットを装着します。

 DBSの難しさは、

主に歯科医師がアタッチメントの接着位置を正確に判断しなければなりません。

また、ブラケットを正しい位置へ速やかに

かつ正確に接着しなければならないことにあります。

さらに、ブラケットの正確な位置決めを行う時間が限られています。

こうしたことから、DBSではIDBSほど

ブラケットの正確な位置決めができないと考えられています。

一方、DBSは即日装着が可能であり、

応用が簡便で速く比較的安価であると考えられています。

 

 

②IDBSと裏側矯正

 

 

 IDBSとは日本語で「間接接着法」といい、

ブラケットを歯に間接的に接着していく方法のことです。

 

/セットアップモデル\(デジタル3Dプリント版)

 

IDBSは型取りにより作成した模型から

セットアップモデル

(石膏模型から歯列部分を切り離したのちに、

正しい歯列弓形態になるよう再配列した模型のこと)を製作し、

それに沿ってワイヤーを曲げてブラケットの位置を確定します。

IDBSを行うには技工操作が必要なため、

装置の装着に数日要しますが、

正確な位置に装着できるため、

治療期間の長期化を防ぐことができます

 裏側矯正でDBSを行うことも可能ですが、

ブラケットを直視することができないため、

位置が不正確になりやすいです。

そのため治療結果が不十分になったり、

上記のように治療期間が長期化してしまったりするリスクがあります。

そのため、裏側矯正ではIDBSで、より正確にブラケットを装着します。

③当院におけるIDBS

 

 

 当院ではコモンベースレジンを用いた方法

IDBSを行なっています。

この方法は、ブラケットの土台部分が

レジンで咬合面まで覆うような形態をしているため、

歯への接着面積が増加するとともに、

歯の裏側の複雑な形態を指標として個々の歯に適合するので

ブラケットの接着精度が向上します。

また、コモンベースレジン(ジーシーオルソリー)を使用することによって、

技工操作が簡略化され、

ブラケット撤去時に生じる患者さんの不快感

エナメル質の破折

プライヤーの破損回避することができます。

 IDBSによるブラケットの装着方法は、

歯科衛生士による歯面清掃

歯科医師がブラケットの試適

(歯のガタガタ具合が著しく、装着できない場合は後日装着します。)

歯に表面処理剤を塗布

水洗・乾燥

レジンと歯をしっかりと接着させるために接着剤を塗布

光照射

ブラケットの土台部分に薄くレジンを塗り、

しっかりと歯に圧接させながら光照射

装着後、ブラケット周囲の余剰なレジンを削って除去して完了です。

 

 

★まとめ★

 

①表側矯正では主にDBSによりブラケットを歯に接着します。

DBSはIDBSに比べて正確性に欠けますが、即日接着が可能で応用が効き、比較的安価です。

 

②裏側矯正ではIDBSによりブラケットを歯に接着します。

IDBSは技工作業に日数を要するので装着までに時間はかかりますが、

DBSより正確に装置を接着でき、治療期間の長期化を防ぐことができます。

 

③当院ではコモンベースレジンを用いた方法でIDBSを行っています。

ブラケットの土台部分が歯の形態に合わせて作られているので接着精度が上がります

またコモンベースレジンを使用することにより技工操作が簡略化され、トラブルを軽減します

 

今回は裏側矯正のIDBSについて解説しました。

疑問に思うことがあればお気軽にスタッフへお声がけください。

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ